森とデジタルな仲間たち

 
31
 
モリデジです。

10月29日、30日の土日は、大学祭でした。

我々のゼミでは、3年生のスタッフで、『森とデジタルな仲間たち』の
大学祭バージョンを展示しました。

gakusai1

スタッフの気に入った写真を印刷して、コメントを付けるはずでしたが、
みんなそれぞれ学園祭ではいろいろな仕事があって、そちらに全力投球。
こちらは写真を貼るだけのちょっと手抜きになってしまいました。

それでも、photoshopを使って、写真をそれぞれ調えて印字させたので、
一枚一枚にはかなりの時間と思い入れが詰め込まれていました。

Webサイトのブログに投稿するのとはひと味違った経験になったはずです。


学祭の催し物で楽しかったのは土曜日の女装コンテスト。

gakusai2

この写真は、ひとりひとりのプレゼンが終わり、会場の人たちの
投票をまつ女装した学生さん達です。
会場の人は一人一票を気に入った学生さんの手に持ったボードに
シールをはっていくルール。
みんなまじめに取り組んでいて、とてもほほえましいイベントでした。

優勝した学生いわく、
「もう二度と女装なんかしない!」
でした。やみつきになる学生もいるかも。

夜は私の母校、名古屋工大写真部のOB会がありました。

50名を超えて集まったようで、会場は満員でした。

卒業以来の35年ぶりに会えた同期もいて、本当に感激。

来年も開かれる予定らしく、今から楽しみです。

OBkai

幹事のみなさん、本当にご苦労様。特に竹内氏には
本当にお世話になりました。ありがとうね。

 
19
 
モリデジです。

興味深い本を読みました。
著者、池井戸潤(いけいど・じゅん)、講談社文庫、税別648円

これは新刊ではないのですが、大型書店でピックアップしてディスプレイして
あったのを発見。

tokumei


池井戸さんは、ちょっと前、『下町ロケット』で直木賞を受賞され
いちやく有名になりました。33万部突破とあります。

私と池井戸さんの作品との出会いは、wowowドラマ「空飛ぶタイヤ」でした。
自動車業界の欠陥車隠しの社会派ドラマでした。

下町ロケットは文庫本がでたら買おうと思っていたら、「銀行総務特命」を
見つけたのです。

最初は、これって、漫画の「特命係長・只野仁」の亜流?と思ったのですが、
作者を見て読んでみようかなとなったわけです。「空飛ぶタイヤ」のイメージが
強く残ってました。

短編集なのですが、あっという間に読めてしまいました。
銀行での不祥事を一手に担当する指宿修平(いぶすき・しゅうへい)が主人公。

読んでいくうちに何ともいわれぬ不快感というか、やりきれなさというか
そんな気持ちに包まれるのですが、指宿のぶれない仕事ぶりに後味はまずまず。
やりきれない不快感の元締めは、巨大銀行の体質でしょうか。
巻末の解説を読んで、著者は三菱銀行に勤めていたことがわかり納得しました。
銀行の不祥事を
上っ面ではなくけっこう内面から描写してますから迫力があるわけです。

でも、なんかやりきれないです。
「メガバンク」が持つ巨大組織ゆえの「善」とか「正解」が、我々の一般市民と
かけ離れすぎています。

現代に生きる我々にとって必読の一冊です。

原発もそうですが、我々はあまりに現代の各種システムを知らなさすぎますね。
少しでも知ることは、その後の生き方をちょっとだけでも変えるかもしれません。

 
19
 
モリデジです。

昨晩、とうとうドラゴンズがリーグ優勝を決めました。
球団始まって以来初の連覇だそうです。
マジック1からの連敗、連敗。それもひどい負け方。
思わず、スカパーの放送を解約しようかと思ったほど。

今年は、4回もナゴヤドーム行きました。
親戚や知人から誘ってもらったのですが、
4回もいったのは初めてでした。

dora

この写真は9月23日のヤクルト戦。後半に猛打爆発で勝った試合でした。

最近のナゴヤドームは、優勝争いしていても、ガラガラにすいている
日が多くて、どうしてかなと思っていたのですが、やはりドームで見る
野球は格別でした。

落合監督は立派な実績を残したのになぜか降板。
私の周りでは『なぜ?』という声をよく聞きました。

私は個人的に
『ナゴヤ』
が、なかなかメジャーな都市になれないのはそのあたりではないかと
常々思っています。

昨日は深夜までTVでビールかけをみていたので、ちょっと眠いですが、
なんか清々しい気分です。
選手のインタビューで一番印象に残ったのは浅尾投手。
実に冷静ですごみを感じさせるほど。
数々の修羅場をくぐると人間やはり強くなります。
私の中のMVPですね。

 
12
 
モリデジです。

また、今年も秋桜が咲く季節がやってきました。

今朝、O先生が写真を撮ってみえるのをみて、私も撮ろうかなと。

kosumosu

これは薄いほうのピンクですね。濃いピンクの方はバックがうるさかったので、
こっちをのせることにしました。

秋桜は背が高くて風に揺られてゆらゆらしているところがいいですねぇ。

このはなをみていると、山口百恵の『秋桜』を思い出します。
ホント、古いですね。
 
11
 
モリデジです。

本当に久しぶりなんですが、御園座(みそのざ)に顔見世を
見に行ってきました。

kabuki

なぜ行く気になったかといえば、懸賞で切符が当たったからです。
1枚2万円もするのですから今年一番の大当たりでした。

演目の一つはすでに見たものだったのですが、一番気に入ったのは、
夜の部の2番目に演じられた「棒しばり」。
海老蔵演じる太郎冠者と、三津五郎演じる次郎冠者の狂言。

後ろ手に縛られた太郎冠者と棒に腕をはりつけのようにしばられた
次郎冠者がよっぱらいながら踊る様は場内の笑いをさそいます。

二人の素晴らしい演技に見ほれました。
時間が40分と短かったのも良かった。
これだけ短くテンポの良いお芝居だと寝ている暇はありません。
久々でしたが楽しめました。


 
02
 


3年のすずき会長です。

これは「デジタルフォトフレーム」ですね。

なんと、
少し前にセブンイレブンでやっていた韓流フェアでしか手に入らない、
東方神起仕様の限定ものです!!

わかる人はすごさを分かってください!


この前のお盆から、
いろんな所に旅行に行くのがマイブームになっています。

そして撮ってきた写真をこうして部屋で眺めてるわけですが。


やはり思い出は残しておくものですね!

記憶の中だけだと、自分の容量に自信がないので…

今は自治会の学園祭の準備に忙しい僕ですが、
これからはゼミの皆とも思い出を作っていけたらと思います!!
 
01
 
こんばんわ、3年の晴です。

前回は「夏っぽいこと」という記事を書いて、
自分の名前を書き忘れていました。。
友達に指摘されてやっと気付きました。。

気を取り直して、更新頑張ろうと思います。

前回からうってかわって、
すっかり秋になりました。
朝と夜は冷えてきてやっと秋らしさを肌で感じています。
futari
後期1回目のゼミ(9/26)は暑いような寒いような気候で、
長袖の人もいれば半袖の人もいるというような日でした。

私は秋服が好きなので、
いち早く長袖が着たくてたまりません。
早くもっと寒くなってくれないかな。

プロフィール

森の仲間たち

Author:森の仲間たち
デジタルコンテンツ制作集団。

デジタルな仲間の人数

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

Copyright © 森の仲間たち / Designed by Paroday