森とデジタルな仲間たち

 
28
 
モリデジです。

休みの日はコロちゃんがだまっていても
私の足の上に乗ってきます。
そして、リラックスしてうとうとします。

koro228

平日は乗ってこないところをみると
ちゃんと休日がわかっているのかもしれません。

こうやって寄り添ってこられると、サザンの曲が
聞こえてきます。
「・・・寄り添う気持ちがあればいいのさぁ・・・」

猫はめったに自分から寄り添ってこないから
こういう時はとてもかわいいですね。
 
27
 
モリデジです。

今日も、本当に暖かい。
ちょっと気持ち悪いぐらいですね。
日本中で名古屋の気温が最高らしいです。

暖かいと、ハムスターのハムちゃんも行動的になります。

hamu

ちょこちょこと素早く動き回るので
コロちゃんより写すのが難しいですね。

最新のデジカメはペットの顔に自動で
ピントが合うらしいけど、ハムスターは
まだまだ無理でしょうね。
 
27
 
モリデジです。

昨日はすごい雨でした。2月としては珍しいです。
国府宮(こうのみや)神社の『はだか祭り』も雪ではなく
どしゃぶりの雨の中とは本当に珍しいです。

今朝は、一転、暖かくて晴天。
昨日は雨でベランダに出られなくて
ストレスが溜まっていた?コロがさっそく室外機の定位置に。

koro227

室外機の天版もびしょびしょなので、最初はそれを
なめていたのですが、あきらめて、一番端にちょこんと
座りました。おしりはきっと濡れて気持ち悪いことでしょう。
 
23
 
モリデジです。

今日、大学からの帰り道、名鉄・国府宮(こうのみや)駅の
ホーム下に派手なエスケープゾーンを発見。

konomiya

前からあったかどうかは覚えていませんが、すごく目立つ黄色の
縁取りは塗装されたばかりに見えます。

先日、東京で起きたホームから女性の転落事故。
とっさに救助した男性は、女性を線路に平行に
寝させて、自分はホーム下のエスケープゾーンに
隠れて二人とも間一髪助かりました。

エスケープゾーンの存在が生死を分けたことになります。

この真新しい黄色の枠で囲まれたエスケープゾーンが
その事故の衝撃の大きさを物語っています。
 
21
 
モリデジです。

今日からめっきり春らしくなりました。
とにかく日差しが暖かい。

korokoro

あまりの暖かさに
コロちゃんは朝からずっと爆睡中です。
幸せそう・・。
 
20
 
モリデジです。

将棋の羽生名人と翻訳家の柳瀬尚紀氏の対談書を
読みました。発刊は昨年5月です。

habu

羽生さんの本はどれも説得力があります。
一時、スランプかと思われましたが、
最近の羽生さんは以前より迫力があると思います。
なにやら一皮むけて”自然流の名人”に達したのかも?

羽生さんの頭脳(思考方法)には多くのコンピュータ科学者も
関心をよせており、コンピュータ将棋の目標は
羽生さんに勝つことです。

私が羽生さんの本から学んで講義に応用しているのは、
パワーポイントのスライドを見せるだけでは脳にインプット
されないという考え方です。

「パソコン画面上の将棋盤は、眺めていてもよく考えられないので、
実際の将棋盤に駒をならべる」という話が書いてありました。
そうか、プログラミングの講義でも、パソコンの画面を眺めていたり、
パワーポイントのスライドをみていても頭に入らないのではないか?
プログラムを紙に実際に書かせないと理解できないかもしれないと
思ったわけです。
そこで、パワーポイントを見せるだけの講義はやめ、学生に
紙とペンでプログラムを書かせたり、スライドはその場で
ノートに書き取らせ、さらに提出させる学習法を試しています。
ほんの少しですが学生たちの理解が深まった気がしています。


また、中年以降は記憶力がばったり落ちるので、記憶力を
駆使することはやめた方がいいという話も参考になります。
覚えることより、考えることを重視するようにしています。

この本の表紙の帯には
『勝つためには忘れる努力が必要です』
とあります。
『「マイナス」のプラス』で紹介した外山先生の
『忘却のすすめ』と相通ずるものがありますね。
達人の教えは不思議ですが、共通しています。
 
17
 
モリデジです。

お茶の水女子大学名誉教授、外山滋比古(とやま・しげひこ)先生の
新刊がでました。

mainus

外山先生といえば、昨年、約25年前に刊行された
『思考の整理学』が東大や京大の生協でベストセラーに
なったことをきっかけに大ブレイク。

私も偶然、NHKのニュースで知り、びっくりしました。
しかし、なかなか良い本で、何度か国語の入試問題に
使ったことを覚えています。

大ブレイクしたおかげ?か、外山先生の新刊がいくつか
出たみたいですが、講談社が大々的に販売キャンペーンを
うった新刊がこれです。
名古屋駅前の三省堂書店では、すごい広いスペースを使って
販売促進をしてました。私もそれで買いました。

読んでみると、久々に”外山節”が聞けたようで
あっという間に読破。

「マイナス」のプラス
というタイトルも、奇をてらっている
ようですが、古くからの外山ファンで
あれば、すぐピンとくるはずです。

これから就職活動しようとしている大学生に、
仕事で壁にぶち当たっている人に、
なんでこんなになにもかもうまくいかないのかと悩んでいる人に、
お薦めです。

ところで、今日、読み終えたばかりのこの本を、地元の病院の
診察室の脱衣かごに置き忘れてきてしまいました。
ぼけましたね。トシですね。悲しいです。
 
14
 
モリデジです。

免疫学の権威、安保徹新潟大教授の新刊がでました。

abo

今度の本は、今までのとちょっと中身の雰囲気が
違いますね。

上の写真をみればわかりますが、
「無理をせず」
「楽をしない」
生き方を勧めています。
薬もやめるよう書いてあります。

安保先生の勧めはよくわかるんですが、
実際はむずかしいです。

作家の五木寛之氏の養生本と一部
内容が同じです。
偶然でしょうが、おもしろい。

呼吸法の重要性や、年をとったら
食べる量をへらすなど・・・。

とにかく、健康にくらすのが
難しい時代ですねぇ。
なにしろ、諸悪の根元は
『ストレス』だそうですが、
それなしの生活はありえないですものねぇ。
 
10
 
モリデジです。

今年の学内企業展は、体育館で3年生対象に
昨日と今日の2日間行われました。

kigyoten

就職が本当に難しくなってきました。
学生達の取り組み方も真剣そのものです。

これから景気が少しは回復してくれると良いのですが・・・。
T社やH社のリコールが続き、N航空の破綻と厳しいものばかり。
暗い話が続きますが、なんとか上向いてほしいものです。
 
09
 
モリデジです。

車で高速通勤するとき、雑誌などを買うために
一宮インター手前の尾張一宮パーキングエリアの
コンビニによくよります。

そのお店と、新しくできたスターバックスの間に
喫煙エリアのブースがあります。

smoke1

ここでタバコ吸っている人はほとんどみませんが、
屋外の喫煙ブースは珍しいです。
きれいなガラスで3面をかこまれています。



smoke2


今朝は寒さが一段落で、その代わり雨です。
ガラスがきれいなので、水滴も目立ちますね。
 
06
 
モリデジです。

いやぁ、本当に寒いですね。

寒いと体が硬直してしまって、首から肩など
ガチガチに固まってしまいます。

コロちゃんも初めて経験する寒さなんでしょう、
電気カーペットの上から離れません。

koro

私もコロをまねてなるべくカーペットの上に
いるようにしているのですが、今度は運動不足
になってしまいます。
この寒さを抜けると3月下旬の暖かさになるそうですから
もう少しの我慢かな。
 
03
 
モリデジです。

岩波新書から、ミスターインターネットの異名をもつ
村井純慶應義塾大学教授の新刊がでました。

murai

村井先生は私と同世代なんですが、我が国のインターネット
発展の礎を築いた功労者。

この本も、最近の
「インターネット万能主義」でもなく、
「インターネット亡国論」でもなくて、
冷静にインターネットの現在と近未来を見通した良書です。

私の頭のなかもすっきりした感じです。

ぜひ、ご一読ください。

欠点は、岩波新書は手に入りにくい点かな。
春日井の超大型書店で見つけたんですが、1冊しか
ありませんでしたから。
 
02
 
モリデジです。

図書館の仕事も引き受けてからは、よその図書館も
いろいろ気にしています。

名古屋市立で一番立派なのは、JR・地下鉄・鶴舞駅
すぐそばの鶴舞中央図書館です。

turumai

外観はかなり立派。

私の大学は鶴舞にあったので、鶴舞図書館には
いろいろお世話になりました。
でも、その当時は、もっと古めかしく、明治村の
中のパビリオンのような図書館でしたねぇ。

新しい図書館はかっこいいのですが、古い建物特有の
”歴史的な重み”にはややかけますか・・・。

駐車場の台数が少ないことが欠点ですが、駅に近いことも
あり、図書館利用以外の使用を防止するためには
やむを得ないかもしれません。

プロフィール

森の仲間たち

Author:森の仲間たち
デジタルコンテンツ制作集団。

デジタルな仲間の人数

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

Copyright © 森の仲間たち / Designed by Paroday